山本 浩史

長年経営者として経験した失敗談や成功例を活かし、求人会社の人事戦略や育成プログラムまでお役に立てれるような長いお付き合いができるパートナーシップを大切にしております。
担当
● 戦略ポジション
● 取締役候補
● 企画営業
● 法人営業
● マーケティング
● トレーナー
● 商品開発
● 経営企画
● Web関連
● 旅行業界関連
● イベント担当
● PM/PMO担当
山本浩史STORY1

海外旅行現地オペレーター事業の会社を起業したのが33歳。今から22年前である。
この22年間旅行関連・飲食事業など、サービス業を中心に経営してきたが、経営者として注力してきたことは、2つ。
『事業を成長させること。』と『社員を育成すること。』である。
ひとつめの『事業を成長させる』ためには、自分のインスピレーションとアイデア、現地情報などを集約して実践に即した旅行企画を策定し、手配することである。その成長サイクルによって、事業が成長し、加速度的に売上が伸びていった。もちろん海外環境に左右されることが多く、業績はダウンすることもあり、そのときには、心が乱れることもあったが、それらの経験が飲食事業展開にもつながり、変化に対応することの重要性を学ぶことができた。
ふたつめの『社員を育成すること』については、起業後の10年間は、『やってみて、やらせてみて、ほめてやらねば人は育たじ、、』を実践しようとしたが、褒めることを怠っていたと反省が多く、残りの約10年間は、コーチング手法を取り入れ、VISIONを掲げ、育成環境を整えた。その結果、外的環境が厳しい時期ではあったが、社員が真剣に仕事に取り組んでくれたことには、今でも感謝している。
社長として、社員募集、面接、採用という一連の人事関連業務にも積極的に取り組んだ。採用する際には、自分で採用試験を作成し、スキル以外に、人柄や考え方などをしっかり見る努力は怠らなかった。

会社の業績が上下し、苦しい時期をいくつも乗り越えてきたが、学んだことは多く、特に『会社の存在価値』に関しては、ようやくその答えが見えてきたように感じる。売上のために、利益のために、株主のために、社会のために、、、その時代時代で軸がぶれたことも多かったが、今では、『会社で働く社員の幸福』そのものが一番重要であり、起業することの唯一無二の目的だと思っている。

山本浩史STORY2

そんな想いを胸に、求人企業と転職希望者のマッチングをしたいと人材紹介事業シニアコンサルタントにたどり着いた。
平成25年の労働人口は約6,500万人(男性3,800万人、女性2,700万人)、このうち、労働に対しての価値観としては、*やりがい *年収 *ポジション *労働環境 *人間関係など様々あるが、これらの価値観との不一致が転職動機となる。転職市場は年間700万人。この数字はここ10年間くらい横ばいで推移している。いわゆる全労働人口の約10%、10人に1人が転職希望者ということになる。

これらの転職希望者のうち、縁あって、弊社にお問い合わせいただいた方々には、自分自身が経営者として培った採用ノウハウをしっかり提供していきたい。特にこれからの『変化の時代』には、ダーウインの法則どおり、変化に対応できるものだけが生き残れる自分作りが必要である。10年後の自分作りが描けるように転職アドバイスをしていきたい。
転職は、勇気と信念が必要です。時間をかけてサポートします。
ご相談をお待ちしております。

お気軽にお問い合わせください
ご相談・お問い合わせ